If you were affected by the Grade Reset Bloodpoints not being awarded properly, you will receive any missing Bloodpoints shortly. You may need to restart your game for the rewards to appear. Thank you for your patience!

[8/31更新] 6.2.0 パッチノート

Options
Donnary21st_BHVR
Donnary21st_BHVR Community Manager Posts: 1,948
edited August 2022 in パッチノート

お知らせ 

  • 新キャラクターはダウンロードコンテンツ (DLC) 発売前でもゲーム内ストアでお求めいただけますが、DLCにはDLC専用コスメティックアイテムが付属します。ゲーム内ストアでの購入にはDLC専用コスメティックアイテムは付属しませんのでご注意ください。 
  • DLCは、アップデート配信後各プラットフォームのストアで準備ができ次第配信開始予定です。 
  • マッチメイキングボーナス機能は、8月31日未明に再度有効化する予定です。

新要素&新機能  

新殺人鬼『ウェスカー』  

特殊能力『猛毒バウンド』  

  • ウェスカーは突進しながら、生存者にウロボロスウィルスを感染させたり、障害物を飛び越えたりすることができる。能力ボタンを長押しするとバウンド攻撃をチャージする。チャージ中は、攻撃の準備段階としてウェスカーの移動速度が少し低下する。チャージが完了すると、攻撃ボタンを押してバウンドする。ウェスカーの攻撃が生存者に命中すると、生存者は感染状態になるか、感染状態が悪化する。ウェスカーがバウンド中に何かに衝突すると生存者を叩きつけ、ダメージを与える。衝突しない場合、その生存者を投げ、障害物にぶつけると1段階負傷させる。猛毒バウンドが倒されたパレットや乗り越え地点に命中した場合、ウェスカーはその障害物を飛び越える。  
  • 特殊効果:ウロボロス感染…猛毒バウンドが命中した生存者は感染状態になる。感染状態は時間経過で悪化し、完全に感染すると、その生存者は妨害効果に苦しむ。完全に感染した生存者に猛毒バウンドが命中して何かに衝突すると、ウェスカーは自動的にその生存者を担ぐ。  
  • 特殊アクション:救急スプレー…儀式開始時にサプライボックスが複数出現し、それぞれに救急スプレーが入っている。感染状態の生存者は自分に救急スプレーを使用するか、他の生存者に使用してもらって感染を取り除くことができる。救急スプレーにはそれぞれ所定のチャージ数がある。  

固有パーク①: “人体の超越”  

  • あなたの8メートル以内で生存者が高速乗り越えを行うと、 “人体の超越” が発動する。次回窓枠を乗り越えるとき、乗り越え速度が30/35/40%上昇する。その後 “人体の超越” は解除され、30秒間のクールダウンが発生する。  

固有パーク②: “知覚覚醒”  

  • 生存者を運んでいる時、16/18/20メートル以内にいる他の生存者のオーラが視える。 

固有パーク③: “終末期”  

  • 脱出ゲートが通電すると、 “終末期” が発動する。負傷、瀕死、あるいはフックに吊られている生存者は、脱出ゲートが開放されるまで衰弱のステータス効果に苦しむ。衰弱状態は脱出ゲート開放後も20/25/30秒間持続する。  

新生存者『エイダ・ウォン』  

固有パーク①: “盗聴”  

  • 発電機の修理を合計で33%完了させると、このパークが発動する。発電機を3秒以上修理したうえでアビリティ発動ボタンを押すと、盗聴器を設置する。盗聴器は60/70/80秒間有効。罠を仕掛けた発電機はすべての生存者に黄色のオーラで表示される。殺人鬼が罠の仕掛けられた発電機の14メートル以内にいる間、そのオーラが生存者全員に視えるようになる。発電機が破壊されると、盗聴器も破壊される。  

固有パーク②: “反射回復”  

  • あなたが負傷時に、半径32メートル以内で他の生存者が1段階負傷すると、自分の治療進行度が残り進行度の40/45/50%即座に増加する。  

固有パーク③: “雲隠れ”  

  • あなたが最後の自力で立っている生存者になると、 “雲隠れ” が発動する。赤い傷マークと血痕が70/80/90秒間表示されなくなり、痛みによるうめき声を無効化する。  

新生存者『レベッカ・チェンバース』  

固有パーク①: “みなぎる活力”  

  • 他の生存者への治療アクションを完了すると、その生存者の治療、チェスト開放、トーテム浄化、トーテムを清めるアクション速度が12%/14%/16%増加する。 みなぎる活力の効果はその生存者が次にダメージを受けるまで継続する。 

固有パーク②: “安心感”  

  • フックに吊るされた生存者の半径6メートル以内でアビリティ発動ボタン2を押すと、その生存者の耐久進行度が20/25/30秒間一時停止する。その生存者が耐久フェーズにある場合は、もがきスキルチェックも一時停止される。フック1回につき、生存者1人1回ずつのみ発動可能。 

固有パーク③: “全集中”  

  • スキルチェックでグレイトを出すと1トークンを獲得する (最大6トークン) 。1トークンにつきスキルチェックの発生率が4%、スキルチェックの針の速度が4%それぞれ上昇し、スキルチェックでグレイトを出した際に追加される進行度が基本値の10/20/30%増加する。スキルチェックでグッドを出すか失敗する、あるいはアクションを何らかの理由で中断すると、パークのトークンをすべて失う。  

新機能: 匿名オプション (PCのみ)  

  • Dead by Daylightを配信中ハラスメントの対象となることを軽減するため、これらの機能を用意しました。設定内のプライバシーで設定可能です。  

※本機能は、現在のところPC版でのみ有効となります。将来的に家庭用ゲーム機版にも実装できる可能性はありますが、現在は未定です。  

匿名モード  

  • 他のプレイヤー視点で、自分のプレイヤー名を選択中のキャラクターの名前に差し替えて表示します。同じ生存者パーティにいるプレイヤーには本来の名前が表示されます。  

自分の名前非表示モード  

  • 自分の画面上で、自分のプレイヤー名を選択中のキャラクターの名前に差し替えて表示します。自分のフレンドリストでは自分のプレイヤー名は「あなた」と表示されます。  

他人の名前非表示モード   

  • 自分の画面上で、他のプレイヤー名を選択中のキャラクターの名前に差し替えて表示します。  

マッチメイキングディレイモード  

  • マッチメイキングを開始する前に短時間の待ち時間を非表示で差し込み、ゲーム内のハラスメントを予防します。  

機能改善: 回線状態インジケーター  

回線状態を示すインジケーターを改善し、Pingとパケットロスの情報から得られる接続問題を表示できるようにしました。  

Ping: 縦軸のアイコン  

  • 黄色: Pingが100ms以上である  
  • 赤色: Pingが200ms以上である  

パケットロス: ひし形が並んだアイコン  

  • 黄色: パケットロスが2%~5%  
  • 赤色: パケットロスが5%以上  

生存者一覧の上に自分のPingとパケットロスのアイコンが表示されます。  

他のプレイヤーに大きな回線の問題が発生しているとき (いずれかのアイコンが赤色のとき) 、画面上に通知されます。  

  • 殺人鬼の回線に問題が発生している場合: 生存者一覧の上に赤いアイコンが表示されます。 
  • 生存者の回線に問題が発生している場合: その生存者の名前の隣に赤いバーが表示されます。   

マップ  

  • “ラクーンシティ警察署”: 一部地形や構造にリワークを行いました。マップを“ラクーンシティ警察署西棟”と“ラクーンシティ警察署東棟”の2種類に分割しました。   

その他  

  • 6.2.0アップデート配信後、数時間後にマッチメイキングボーナスを再度有効化する予定です。 
  • ゲーム起動時、光過敏症に関する注意文を追加しました。 

ゲームバランス調整 

生存者

  • フックから救助されたときに自動的に発生する我慢&迅速効果を5秒間→10秒間に変更しました。
  • 迅速効果を7%→10%に変更しました。

パーク 

“英雄の奮起” 

  • パークの効果をバージョン6.1.1に巻き戻しました。 
  • 効果: 味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。パーク発動中次に負傷状態から瀕死状態になることがあってもそれは無効になる。次に完全に回復した際、殺人鬼から (12/14/16) メートル以上離れている場合は殺人鬼にあなたのオーラを視える。パークはあなたが次に瀕死状態になったときに無効化する。オブセッション状態になる確率が上昇する。 
  • 我慢効果との違いを分かりやすくするため、インターフェース上に我慢のアイコンを表示しないように変更しました。 

“地雷爆破”

  • 罠が発動することなく有効時間が経過した場合、パークの効果は無効となり、もう1度発電機の修理を行うことで発動条件を満たさないと再び設置することができないように変更しました。 (以前の効果では、罠の有効時間が切れたらすぐに別の罠を設置することができました) 

問題の修正  

  • 一部のプレイヤーに、マッチ終了後「不明なエラー」が表示されることがある問題を仮修正しました。 
  • フレンドリストにとても多くのフレンドが登録されていると、ゲームのパフォーマンスが低下することがある問題を仮修正しました。 
  • 生存者: 鬼と対峙しているとき、特定のアクションを行ったとき落とす血の球が多すぎる問題を修正しました。  
  • カスタムマッチで、まれに殺人鬼が生存者の立ち位置に表示されることがある問題を修正しました。  
  • 鬼&スピリット: 『進撃の巨人』コレクションのセットが、ストアと特集ページで胴体のみのスキンとして表示される問題を修正しました。  
  • Microsoftストア: ゲームへの招待からゲームを起動することができない問題を修正しました。 
  • プレステージシステムのリワーク後、一部プレイヤーのパークのレベルが誤ったものになっていた問題を修正しました。 
  • スキンのプレビューを表示すると、装備中のスキンが外れデフォルトの衣装になる問題を修正しました。 
  • 生存者: 特定のアクション中に殺人鬼に捕獲されると、殺人鬼の前に浮かんでいるように見える問題を修正しました。  
  • 生存者: ハントレスと対峙しているとき、ハントレスに向かって乗り越えアクションをしている最中に捕獲されるとズレて表示される問題を修正しました。  
  • 生存者: 発電機修理中、アニメーションが正常に再生されない問題を修正しました。  
  • “堕落の介入”:パークの効果発生を遅らせるために、マッチ開始時のロード時間を意図的に伸ばすことができる問題を修正しました。 
  • “ノックアウト”: 通常攻撃以外の方法で瀕死状態になった生存者のオーラが非表示になる問題を修正しました。 
  • “呪術:貪られる希望”: “呪術:不死”と同時に装備しているとき、“呪術:貪られる希望”に紐づけられた呪いのトーテムが浄化されても生存者を殺害できることがある問題を修正しました。 
  • ハグ: アドオン“変形した耳”を装備中、聴力を失う効果が幻像の罠を発動させた生存者だけでなく全員に適用される問題を修正しました。  
  • ステータス効果が発生したとき、その効果の元になる要素のアイコンではなく、そのステータス効果のアイコンが2重に表示される問題を修正しました。  
  • セノバイト: ルマルシャンの箱を拾うと、その後ルマルシャンの箱が透明になることがある問題を修正しました。  
  • “喜びの庭”: セノバイトのルマルシャンの箱が生垣の上に出現し、拾うことができないことがある問題を修正しました。  
  • 生存者: セノバイトと対峙しているとき、セノバイトと同時にルマルシャンの箱を拾うと、その後ルマルシャンの箱を解くことができなくなることがある問題を修正しました。  
  • 生存者: ルマルシャンの箱を持っている状態でグリフと交信ができる問題を修正しました。 
  • ドレッジ: アドオン“消臭スプレー”を装備しているとき、残留部に戻ってもトークンがすべて消費されない問題を修正しました。 
  • 怨霊: フックに吊られている生存者と重なるように幽体化すると、救助を妨げることができる問題を修正しました。 
  • ヒルビリー: チェーンソーの効果音が、チェーンソーのチャージをやめても継続することがある問題を修正しました。 
  • シェイプ: 生存者が地図やカギ、パーク “千里眼” を使用している最中、“墓石”系アドオンによる特殊メメント・モリが発動できない問題を修正しました。  
  • 生存者: ホワイトグリフの鏡を壊してしまったあと、ホワイトグリフにインタラクトできない問題を修正しました。  
  • 生存者: スピリットと対峙しているとき、抜け殻を懐中電灯で焼いても得点が入らない問題を修正しました。
  • 生存者: レイスと対峙しているとき、透明化解除の最中に懐中電灯で目眩ましに成功すると“殺人鬼に着火”の得点が入る問題を修正しました。  
  • “人々のために”: 生存者を回復したとき、実績/トロフィー“医師”が進行しない問題を修正しました。  
  • 生存者: 地下室にあるチェストを開けてアイテムを拾わなかったとき、実績/トロフィー“ミルク&クッキー”が進行する問題を修正しました。  
  • エクセキューショナー: 贖罪の檻によって生存者を処刑しても、チャレンジ“厳粛”が進行しない問題を修正しました。  
  • 殺人鬼: ある程度の高さの窓枠を乗り越えて落下すると、着地後も短時間落下アニメーションが続く問題を修正しました。  
  • 生存者: 発電機を修理中、一部の魔よけがずれて表示される問題を修正しました。 
  • 「カスタマイズ」メニューでスキンを選択する時の効果音がない問題を修正しました。 
  • 家庭用ゲーム機版: ロビー内で初心者向けのポップアップを表示すると、別のメニューに重なる問題を修正しました。 
  • コントローラーを使用中、殺人鬼のロビーに入るとカーソルが中央に移動する問題を修正しました。 
  • メインメニューで、コントローラーに設定されたボタンの一部が機能しない問題を修正しました。 
  • ロビー内の初心者向けポップアップの表記が一貫していない部分が複数ある問題を修正しました。 
  • アーカイブのウィジェットを開かなくても開いた時の効果音が再生される問題を修正しました。 
  • 鬼: ロビー内で鬼が “血の怒り” 中にスキンを変更すると、次に “血の怒り”を発動し、アニメーションが終了するまで効果音が再生され続ける問題を修正しました。 
  • ヒルビリー: チェーンソーの回転数を上げているときの効果音が、途中でやめても儀式が終わるまで継続する問題を修正しました。 
  • 生存者: 負傷状態でルマルシャンの箱を解くと、その後アニメーションが途切れ途切れになる問題を修正しました。 
  • 生存者: ルマルシャンの箱を解いている際中にセノバイトの鎖に繋がれても、顔のアニメーションが変化しない問題を修正しました。 
  • トリックスター: パレットを破壊するアニメーション中に武器が壊れる問題を修正しました。 
  • 女性生存者: 負傷状態でしゃがんでいるとき、右腕が右腿に埋もれる問題を修正しました。 
  • プレイグ: スキン『凍りつく眼』を装備中、吐瀉するとスキンの一部がカメラの前に表示される問題を修正しました。 
  • 鬼: 特定のスキンを装備中、メメント・モリのアニメーション中に髪がなくなる問題を修正しました。 
  • “カラスの巣”: 固有建築物内の階段付近にある特定の場所でキャラクターがスタックする問題を修正しました。 
  • “オーモンド山のリゾート”: 見た目よりも当たり判定が大きい岩があり、殺人鬼の投擲物を遮断する問題を修正しました。 
  • “マザーズ・ドゥエリング”: 固有建築物の外側にある階段を上がるとき、見えない壁に当たる問題を修正しました。 
  • “ラクーンシティ警察署”: トーテムを浄化するか清めることで、本来であれば行けない場所に行くことができる問題を修正しました。  

PTB 6.2.0からの変更点 

以下の項目は、Steam版で行われたパブリックテストビルド (PTB) からの変更点です。ライブバージョンからの変更点ではありませんのでご注意ください。     

殺人鬼ウェスカー

  • 猛毒バウンドの障害物に対する当たり判定を45cm→20cmに変更しました。 
  • 猛毒バウンドの生存者に対する掴み判定を40cm→20cmに変更しました。 
  • 猛毒バウンド1回目と2回目の間の移動速度を2.3m/秒→2.76m/秒に変更しました。 
  • 猛毒バウンドによって生存者を崖際まで投げると、崖際で止まらずに崖下に落ちるように変更しました。 
  • 猛毒バウンドによって窓枠やパレットを乗り越えたとき、着地点のすぐ近くにいる生存者にダメージを与えるよう変更しました。 
  • 猛毒バウンドで投げ飛ばした生存者が他の生存者に激突したとき、激突された生存者が深手状態となるように変更しました。PTBでは負傷状態の生存者のみでした。 
  • アドオン“緩いクランク” 
    • 移動速度の上昇効果を20%→8%に変更しました。 

開発チームより: %で見ると弱体化しているように見えますが、上昇効果がかかる移動速度の基本能力が変更されたことにより、実際の移動速度に換算すると2.76m/s→2.98m/sと元の効果よりも速くなっています。 

生存者

  • フックから救助されたときに自動的に発生する我慢&迅速効果を5秒間→10秒間に変更しました。
  • 迅速効果を7%→10%に変更しました。

パーク 

“安心感”  

  • 40秒のクールダウンを削除し、フック1回ごとに1人1回ずつしか使えないように変更しました。 

“知覚覚醒”   

  • 2秒間オーラ表示が残る効果を削除しました。 

“雲隠れ” 

  • 発動条件を、最後の1人→自力で立っている最後の生存者に変更しました。 
  • 痛みによるうめき声を無効化する効果を追加しました。 

“みなぎる活力” 

  • 作業速度上昇効果の対象から発電機修理を削除し、トーテムに恵み付与を追加しました。 
  • 作業速度上昇効果を6/6/6%→12/14/16%に変更しました。  
  • パークの効果時間を25/30/35秒間→対象の生存者が次回ダメージを受けるまでに変更しました。  

“全集中” 

  • スキルチェックの発生率を2%→4%に変更しました。 

“反射回復” 

  • 増加する治療進行度を25/30/35%→40/45/50%に変更しました。 

“英雄の奮起” 

  • パークの効果をバージョン6.1.1に巻き戻しました。 
  • 効果: 味方の代わりに殺人鬼の攻撃を3回受けるとパークが発動する。パーク発動中次に負傷状態から瀕死状態になることがあってもそれは無効になる。次に完全に回復した際、殺人鬼から (12/14/16) メートル以上離れている場合は殺人鬼にあなたのオーラを視える。パークはあなたが次に瀕死状態になったときに無効化する。オブセッション状態になる確率が上昇する。 
  • 我慢効果との違いを分かりやすくするため、インターフェース上に我慢のアイコンを表示しないように変更しました。 

“地雷爆破”

  • 罠が発動することなく有効時間が経過した場合、パークの効果は無効となり、もう1度発電機の修理を行うことで発動条件を満たさないと再び設置することができないように変更しました。 (以前の効果では、罠の有効時間が切れたらすぐに別の罠を設置することができました) 

問題の修正 (PTB 6.2.0より) 

  • 生存者ロビーで『バイオハザード』チャプターのキャラクターを素早く切り替えると、音声が再生される前に字幕が表示される問題を修正しました。 
  • ジョナ: 『バイオハザード』キャラクターがいるロビーにジョナが参加すると、他の『バイオハザード』キャラクターが参加したときに発生する台詞が再生される問題を修正しました。 
  • レベッカ: 痛みによるうめき声の音量が他の生存者より大きい問題を修正しました。 
  • “ラクーンシティ警察署“: エアコンの室外機に攻撃が当たったとき、フェンスに攻撃をしたときの効果音が再生される問題を修正しました。 
  • “ラクーンシティ警察署“: コンクリートに攻撃が当たったとき、木箱に攻撃をしたときの効果音が再生される問題を修正しました。 
  • マッチメイキングボーナスが追加取得分のブラッドポイントに適用されている問題を修正しました。 
  • 匿名モードを使用すると、同じ生存者パーティ内のプレイヤーにも自分のプレイヤー名が表示されなくなる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: ロビーに入る前の画面で放置をしているときに再生されるアニメーションにブロックノイズが発生する問題を修正しました。 
  • ウェスカー: ウロボロスに感染した生存者を処刑するとき、生存者体内外のウロボロスが半透明にならない問題を修正しました。 
  • “ラクーンシティ警察署”: マップ内にパレットが多く生成されすぎる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンド使用中にスタンさせられると、移動速度が速くなる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンドで生存者を投げた後、空中に浮くことがある問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンドで投げた生存者が空中に浮くことがある問題を修正しました。 
  • ウェスカー: “英雄の奮起”または“デッド・ハード”の効果を発動中の生存者に猛毒バウンドを命中させると、その後儀式が終わるまで猛毒バウンドが使えなくなる問題を修正しました。 
  • 生存者: ウェスカーに投げられる直前に一瞬姿が消える問題を修正しました。 
  • 生存者: ウェスカーに投げられて障害物に当たったとき、間違ったアニメーションが再生される問題を修正しました。 
  • ウェスカー: マップの角付近で儀式が始まると猛毒バウンドが機能しなくなる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 生存者が乗り越えを行っているか、ロッカーに入ろうとしているとき、猛毒バウンドが当たらない問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンドを使ってハッチの上を通過するとき、猛毒バウンドが正しく機能しない問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 崖際を超えるように生存者を投げたとき、ダメージが入る問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンドの有効範囲ギリギリで生存者を掴むと、即座に生存者を落とすことがある問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 深手を負っている生存者に向かってウロボロスウィルスに感染した生存者を投げると、深手ゲージがリセットされる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: “強硬手段”を使用している際中のパレットに対して猛毒バウンドを使って乗り越えることができない問題を修正しました。 
  • 生存者: フックに吊られている状態で、猛毒バウンドを避けたことによるブラッドポイントを獲得できる問題を修正しました。 
  • ウェスカー:  アドオン“玉虫色のウロボロス入り瓶”を装備すると、儀式開始時に“世界に降り注ぐウィルス”のスコアが4回分獲得できる問題を修正しました。 
  • ウェスカー: アドオン“グリーンハーブ”を装備中、生存者が儀式中初めて猛毒バウンドに当たったときウロボロスウィルスの感染度が増加しない問題を修正しました。 
  • ウェスカー: 猛毒バウンドで生存者を担いだことにより、パーク“スターに憧れて”の効果を発動すると、生存者の無防備状態が儀式終了まで継続する問題を修正しました。 
  • “人体の超越”: 乗り越え中の生存者を捕獲したときにパークの効果が発動する問題を修正しました。 
  • “人体の超越”: ウェスカーの猛毒バウンドや、リージョンの愚連の狂乱による窓枠の乗り越えにも効果が適用される問題を修正しました。 
  • “終末期”: パークの効果が終了してもアイコンが点灯したままになる問題を修正しました。 
  • “終末期”: パークの効果によって衰弱状態のスタータス効果を付与されても、パークアイコンが表示されない問題を修正しました。 
  • “全集中”: パーク“怒涛の怒り”の効果によって発生したスキルチェックに成功してもトークンが失われない問題を修正しました。 
  • “全集中”: 治療アクションを完了するか中断しても、トークンがすべて失われない問題を修正しました。 
  • “反射回復”: プレイグの黒死の吐瀉によって他の生存者がダメージを受けたとき、パークの効果によって治療進行度が進行しない問題を修正しました。 
  • “反射回復”:他の生存者がダメージを受けて瀕死状態になったとき、パークの効果によって治療進行度が進行しない問題を修正しました。 
  • “盗聴”: 目眩まし状態の生存者もパークの効果によって殺人鬼のオーラが視える問題を修正しました。 
  • “盗聴”&“地雷爆破”: アドオン“真新しいパーツ”によってパークの発動条件を満たすと罠を設置することができない問題を修正しました。 
  • “盗聴”: 複数の生存者で同一の発電機に複数の罠を設置することが可能な問題を修正しました。 
  • “雲隠れ”: パークの有効時間が異なる問題を修正しました。 
  • “安心感”: パークの効果を使用した生存者が救助されたあと、もう一度フックに吊られたときにパークの効果が持続する問題を修正しました。 
  • “安心感”: 生存者がフックに吊られたときすでに発動可能範囲内にいた場合、“安心感”を発動できない問題を修正しました。 
  • “みなぎる活力”: 効果の対象となった生存者がアクションを行っていないとき、パークのアイコンが表示されない問題を修正しました。 
  • “最後の切り札”: 装備中にチェストを開けるとサーバーがクラッシュして切断されることがある問題を修正しました。 
  • 殺人鬼がどの発電機を破壊しても、他の発電機に設置されたすべての罠が解除される問題を修正しました。 
  • ウェスカー: “ウェスカーの儀式” の進行度が上昇しない問題を修正しました。 

既知の問題 

  • “全集中”: Lv 1の効果の説明文が実際と異なる問題。 
  • 複数のストアバナーのタイトルや字幕に不正なテキストが表示される問題。 

更新履歴

  • 8/31: ゲームバランス調整およびPTB 6.2.0からの変更点に生存者の項目を追記しました。
Post edited by Donnary21st_BHVR on
This discussion has been closed.